ダウン症の症状と特徴を知っておきたい 1

ダウン症は、21番染色体が一本多いことで起こると言われています。
産まれてくるお子様は、五体満足であってほしいものですが
先天性の異常を持ったお子様が産まれてくる可能性があります。


ダウン症は、突然変異が原因で起こると言われています。
良く「遺伝では?」と言う話しを耳にしますが、
両親の健康とはあまり関係がないと言われています。
しかし、遺伝とは別に出産年齢が上がるに連れて
ダウン症を発症しているお子様が産まれる可能性が高いと言われており
20代で出産するよりも40代で出産を経験した方のほうが多い傾向があります。

高齢出産の方は、様々な不安を持たれている方が多いので
羊水の検査を受けたり、純毛検査や超音波検査を受けることが可能になっており
検査の精度が非常に高くなっています。
現在は非常に注目をされている検査なので、
不安を感じている方は検査を受けてみると良いと思います。

陽性と診断されたら、夫婦でしっかりと今後について話し合うことが大切です。
ダウン症のお子様は寿命が短いと言われていましたが、
最近は30代や40代以上の方も大勢いらっしゃいます。
これには医学の進歩や世間のサポートなど様々な要因があると言われています。




⇒トップページへ