8:ダウン症と遺伝カウンセリング

ダウン症が世界で初めて報告されたのは今から100年以上前で、
長い歴史を持っていますが、それが後に染色体の異常であると分ってきたり
高齢出産では可能性が高くなるなどが知られてきました。
もちろん、ご自身のお子様は無事に生まれてきて欲しいと考えるのが当たり前ですが
それがまったく原因不明のことであれば恐れるしかないのですが、
原因などが分っていれば、対処することも出来ますので、しっかりと考えて行きたいですね。

という事で、詳しくダウン症の原因を書いてゆくと、
とりあえず染色体の異常なのですが、
精子と卵子がくっついてヒトとして形成されるときに、染色体が分離していくわけです。
ここがうまく行かないとなってしまう原因のひとつになります。
先に書きましたが、高齢出産(女性が40歳以上)になると、その確率が上がってきます。
そう考えると、経済状況など環境が許す状態であれば、
早目に子供を授かると言う考え方も、ひとつとしてあると思います。


さらに、染色体が原因ですので、遺伝カウンセリングというのも効果を発揮します。
遺伝カウンセリングについて初めて耳にする方は
インターネットなどで調べて頂くとお分かりになるかと思います。


元気なお子様を誕生させる為に、こういったやれる事をしておくというのも
頭の片隅に入れておかれると良いかと思います。






⇒トップページへ