28:様々な考え方がある

ちなみに、万が一ダウン症として生まれてきてしまった場合には
顔つきが変わっていたり、指の長さが短かったり
手のしわが健常者とは違うなど見た目だけの問題ではなく
心臓疾患、難聴、視力の低さなどを先天性で患っている場合も多いです。
もちろん、それに伴って合併症があり平均的な寿命が短いなどの問題もあります。

現在は、出産前にダウン症であるかどうかを見極める技術もあります。
それを理解しておきながら大切な授かり物として産み
育てていくという選択肢もありますし、中絶するという方法もあります。
これにおいては、考え方や価値観、宗教的な教えなども関わってきますので
何が正しいのかはなんとも言えませんが、
選択肢を持って対処できるという事を覚えておいてもいいでしょう。

ちなみに、生まれたばかりではダウン症の特徴が無い場合もありますし
すぐに見た目だけで判断することは意外と難しいので、診断する方法もあります。
もちろん、医師の経験と勘で明らかだと感じる場合もありますが、
しっかりと確定診断をする必要があります。
これは、21番染色体が3本あることとそうではなく
21番染色体に別の染色体の一部が結合するというケースで認められます。





⇒トップページへ