23:ダウン症の子を持つ親

生まれてくる子供というのは
必ずしも五体満足で健康な状態で生まれてくるとは限らないものです。
しかし、生まれてくる子供に罪はなく
その子供を産んだ両親にも何の罪もありません。
予期なくダウン症のお子様を生んでしまったご両親は
さぞかし色々と悩む事になると思います。

しかし、生まれてきた子供は
お二人の大切な子供だという事を忘れないでほしいものです。
そして、それは誰にでも起こる可能性のある事であり
周りの人の協力が大切だという事も知っておいてほしい事です。
実際にダウン症のお子様を出産された方の場合、
絶望や悲しみが上回ってしまい出産の喜びを
感じられなかったという方も多くいらっしゃいます。
そういった事を乗り越えて
素敵な親御さんになっていらっしゃる方も多くいるという事を覚えておいてください。

ダウン症は1000人に一人という割合で発症するもので、
比較的高い確率なのです。
独特な顔立ちをしているという事や、
知的発達が遅いという症状がありますがそういった原因は染色体異常で起こる事である為
両親の染色体の異常などが原因ではありません。

そして、症状にも個人差があり身体的特徴のある場合や
身体的特徴を感じられないといったケースもあるようです。





⇒トップページへ