21:出産予定の方へ正しい理解1

これから出産予定、あるいはお子様を作られる方にとっては
新しく生まれてくるお子様がダウン症ではないか心配ではないでしょうか。
この症状のお子様の共通した特徴としては、
つりあがった眼尻や内眼角ぜい皮が特に目立ちますね。
街中でこうした症状のお子様を見かけると直ぐに分かるでしょう。

神様のイタズラかちょっとした染色体の異常で発症してしまうのです。
人間の細胞の中の染色体は46本が正常なのですが
この数が多かったり少なかったりするだけで
遺伝子の機能が阻害されて様々な障害が出てしまいます。
割合的には1000人に1人ですので、
世の中の夫婦の方は皆さんダウン症のお子様を持つ可能性があるのです。

両親が一般的な染色体を持っていても
残念ながら染色体異常のお子様が生まれてしまいます。
これは偶発的に生じるので我々にはどうしようもないのです。
またこの症状が発症するのは必ずしも新生児だけではありません。
個人差が大きく、中にはその症状を持っている方でも
あまり表に出てこない場合や、全く現れない方もいます。






⇒トップページへ