13:把握しておきたいダウン症の症状1


ダウン症と言う言葉は、一度は聞いたことがあると思います。
しかし、具体的な症状など詳しく知っている方は少ないでしょう。


人間というのは、染色体があります。
その染色体が多くあるために、こちらの症状が起こるのです。
21番目の染色体の異常が見つけられて起こるのですが、
その症状も人によって相違がでます。

まず、症状や特徴として、特徴的な顔立ちです。
ダウン症の症状を持っている方に共通している顔立ちとなっています。
そして、精神発達の遅れです。
精神発達の遅れも人によって違いがあり、
軽度の症状から重度の症状まであります。
本当にこの症状は、人によって違う事を理解しましょう。
軽度の場合は、学校を卒業し就職も行えます。
もちろん、重度の症状を抱えている方でも周囲のサポートにより、
学校に行くことが可能です。

しかし根本的な治療法は、見つかっていません。
根本的な治療法がないのであきらめるしかないのかと言うことではなく、
その症状にあわせた治療を行っていきます。


平均として短命と言われていますが、
これも平均ですから50歳を過ぎても健康的に生活をしている方はいらっしゃるのです。



⇒トップページへ